読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

sappychang@Life in USA

#留学 #USA #歌詞和訳 #USA日常

留学の準備

 

次に学校を決めると、留学の準備開始ですね。

留学に必要なものを書いていきます。(F-1ビザ対象)

 

・パスポート

・I-20(入学許可書)

・SEVIS(支払いが必要なだけ)

・ビザ

 

以上の4つは必ず必要になると覚えておきましょう。

 

・パスポート

こちらは、あまり説明の必要はないかと思いますが、お持ちの方は、期限を必ずチェックしておいてください。アメリカのビザはパスポートへ直接貼り付けられますので、留学期間中にパスポートが切れてしまうと、新しくとったパスポートとビザの貼り付けられた2枚を携帯する必要があります。

パスポートの申請から受領まで(初めてパスポートを申請するとき等の例) | 外務省

 

・I-20

学校からの入学許可書です。留学エージェントを通した方・ご自身で手配された方どちらも学校からI-20という名前の書類が届きます。学校からの入学許可書になりますので、絶対に無くさないでください。書類に大きく、I-20と書かれているわけではないので、混乱される方もいらっしゃるかと思いますが、下記の書類がI-20と呼ばれるものです。

Understanding Your I-20 | Berkeley International Office

 

・SEVIS

支払いが必要です。I-20にSEVIS番号がのっており、その番号をもとに支払いをします。アメリカへ留学する学生は全員がSEVISの支払いをしなければなりません。これは、語学留学でも絶対です。SEVIS番号とは、いわゆる学生番号のようなものです。

下記から支払いの必要があります。(日本語のページはありません)

 

支払いの必要がある方は、PAY-I-900FEE 

支払いの確認が必要な方は、CHECK STATUS

Department of Homeland Security - Form I-901

 

支払いが完了すると完了のページを印刷しておくと良いでしょう。印刷を忘れた方、支払いが完了かどうか分からない方でもCHEAK STATUSをすれば確認するこが出来ます。

 

・ビザ

アメリカで学生として週に18時間以上授業を受ける方、90日以上の滞在を必要とする方のどちらかに当てはまる方は、必ずF-1ビザ取得の必要があります。

こちらにあてはまらない方も、アメリカ入国の方はESTAを支払う必要があるので、ご確認してください。

手続きに全てで一ヶ月はみておくとよいでしょう。私は下記を参考にしました。

アメリカの学生ビザ - 自分一人で出来る学生ビザ申請 - ApplyESL.com

 

上記の4つは必ず必要ですので、用意しておきましょう。

私のアドバイスとしては、ビザのご準備は出来るだけはやめにしておいた方がいいと思います。(学校への入学日が決まっているのに、ビザの手配だけが遅れますと入国できません。さらに、大使館の面接日が限られているからです。)

後、入学日が決まり次第、航空券はおさえたほうがいいです。(キャンセル料が高額でない場合)

多くのサイトさんには、航空券ははやめにおさえないようにと書かれていますが、

緊急的に航空券を安く手配しようと思うと、乗り継ぎが必要になってしまう場合が多く、余計に体力を使います。私と友人の場合ですと、緊急に航空券を手配した友人は同じ直行便にもかかわらず私より7万以上高く購入していました。

 

上記を気を付けて手配しましょう。