読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

sappychang@Life in USA

#留学 #USA #歌詞和訳 #USA日常

留学 USA

初めまして。

Sappychangです。

 

始めての留学について、自分への復習の意味も含めて

社会人の留学向け

必要なもの・準備期間・準備資金・実際の生活etcについて

分かりやすくまとめていきたいと思います。

 

まず、なぜ留学しようと思ったのかですが、

もともと留学意欲は大学時代からあったのですが、

なかなか実際に行動するところまで意識をもっていけてなかったんですよね。。

ところが、大学を卒業して三年目の半ばに、ふと

 

あれ?自分の人生このままでいいの?

コツコツ貯金して、たまに欲しいもの買って、幸せだけど。それって自分のしたいことした後でも出来る範囲の幸せだよね?

という思いがむくむくと湧き上がってきちゃいました。

 なので、留学を決行するために、まず下調べをインターネットでしました。

まず費用を

 

費用(授業料+滞在費+保険等々)

 

・語学学校の場合:400万くらい(一年間)

・大学院    :1,000万くらい(二年間)

MBA     :1,000万~2,000万くらい(二年間)

 

大学院、MBAを希望する方はだいたい事前に語学学校へ通われる方が

多いと思いますので事前に三ヶ月語学学校へ通う場合、

生活費、保険、授業料として80万くらいかかると思われたほうがいいと思います。

(語学学校もスクール・カリキュラムによりますが、この場合は短期間で英語力を伸ばすためのインテンシブコースで計算しております。)

MBAはアメリカは二年ですが、イギリスは一年から可能です。(ポンドが高いため、授業料は一年分ほどは変わりません。)

 

難易度

・語学学校 :英語力が0からでも大丈夫です

・大学院  :大学の授業の評価+IELTSまたはTOEFL+推薦状+エッセイ

MBA   :TOFELまたはIELTS+GMAT

 

以上が最低限でも必要かとおもいます。

TOEFLまたはIELTS、GMATの点数は、学校によって定められる基準があるので、要綱をご確認ください。また、点数がどうしても足りない方は、条件付き入学が認められている学校も多数あるので、ぜひ金銭的余裕がある方やどうしても短期間で決めたい方は確認してみてください。

MBAの場合、数学の勉強が必要になりますが、日本人としては、そこまで難しい問題はでません。MBAでの英語のほうがはるかに難易度が高いのでそちらを勉強してから数学をという方が多いと思います。MBAを考えられている方も大学の成績や推薦状が必要となるため準備が必要です。