読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

sappychang@Life in USA

#留学 #USA #歌詞和訳 #USA日常

MBA、院留学、大学留学 アメリカ

 

MBA、院留学、大学留学

アメリカへどの方向で留学したいか人それぞれですよね。

 

私が感じたことですが

 

お金があればなんとでもなるのが留学です。

これは確実にどこの国でもいえると思います。

 

 

例え,

GMATが足りていなかろうが、語学の点数が足りてなかろうが

語学学校から入学する方法があります。

語学学校や大学のファンデーションコースで語学力を磨く方法や

語学学校でGMATの対策をし、そのまま進学できます。

 

私の聞いた中国人の友達は、院進学の為にELSへ通っているとのこと。

自分で受験する際には、IELTS6.5+GMATが必要だけど、

ELSのコースを修了すればテスト不要で進学できるとか。

 

しかし、たいていこの語学学校のコースを修了するのに半年ほどかかります。

よって進学準備に半年分の余分の学費、滞在費、生活費がかかります。

 

どうしても進学したい方は、こちらの方法をとってみるのも手だと思います。

私はあまりおすすめしません。

なぜなら、正規で入学した方とどうしても能力的差があると思うからです。

後、語学学校の試験が簡単なことも理由にあります。

 

入学した後に、アメリカは日本と違い課題もたくさん出ます。

レベルについていけないではすまされません。

さらに膨大な費用を払うことになりかねません。

 

語学学校は、あくまで予備校、塾的な存在だと認識しています。

確かに、スピーキング・ライティングが苦手な方は、進学前に何か月か通うのがいいでしょう。

しかし、文法、リーディングスキルは確実に日本でいる方があがります。(英語の文章を読む機会が多いので、リーディングの速さは上がります)

 

※アメリカの大学進学の方は、

語学学校から編入→コミュニティカレッジ(2年生)から編入→大学(3年次スタート)

という形をとるのが一般的です。