読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

sappychang@Life in USA

#留学 #USA #歌詞和訳 #USA日常

アメリカの配達事情

USA

 

 

国際便。USPSでの注意事項等を。

 

 

国際便

ご家族の方が送ってくれることも多いと思います。

そこで使うのが、郵便局だと思うんですが

郵便局からUSAへ郵送する場合、細かい事項を書かなければいけません

英語・購入金額も記入

例えば、ふりかけ、青のりとかの細かいものも、英語で記入。

 

正直、食料品を送る際は、かなりめんどうくさいですが、

私の体験談として、記入は適当で大丈夫です。

箱はぼこぼこになりますので、液体物は避けたほうが良いです。

 

さて、郵便局から発送するとアメリカのUSPSが引き受けこちらへ届けてくれます。

USPSからアメリカの自宅へ届くことになるわけですが、

そこでの問題があって、USPSが適当なんです!

 

・再配達の細かい時間指定は不可

・配達は土曜日は午前まで、日曜祝日は休み

・再配達日は、二日後からしか基本選べない

・再配達の電話が全然つながらない

 

 

 

私は赤い不在通知が来た場合は、もう最寄りのUSPSに取りに行きます。

 

以前再配達の依頼をインターネットでしたのですが、なぜかその日に来てくれず。。。。。

 

国際便はサインが必須ですので、国内便のように玄関前に置いてほしいということができないようです。(アメリカでは、玄関前に荷物、新聞が置いていく配達文化があります)

 

 

 

なので、私のおすすめは

 

①まず日本から送ってもらう際に発送者から、追跡番号を聞く

②追跡番号を一日一回チェック

③USAに到着し、区分局に到着した次の日は家で待機

 

 

 

 

私は日本の配達に慣れているので、本当にこれが不便に思います。

玄関先で荷物がなくなるなんてトラブルをあるみたいですし。

日本の郵便、すごいです。ヤマトさん。佐川さん。日本郵政さん。

いや、ほんとうにすごい!!こっちにきて改めて感じました。